日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀  ¤  刀  ¤  表/備州長船祐定 裏/大永二年八月日  ¤ 

表/備州長船祐定 裏/大永二年八月日

Katana /
Omote : Bishu osafune Sukesada / Ura : Daiei 2 nen 8 gatsujitsu

長さ / cutting edge
63.0cm
反り / sori
2.2cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.0cm
先幅
2.0cm
元重
0.6cm
時代
古刀 室町後期 大永二年(1521年)
period
late muromachi (1521)
備前(岡山県)
country
bizen
刃文
直刃
hamon
suguha
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀無垢一重
habaki
solid silver single
外装
青貝散らし鞘金工拵・古白鞘(本阿弥鞘書)
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

良質な鉄に恵まれ、現存する名刀の七割を占めると言われる備前刀。戦国時代にもその勢いは衰えておらず、全国区で人気を博していた。本作は長船鍛冶を代表する祐定で、有名な与三左衛門と同じ大永年期が切られている。当時流行の片手打ちで反り深く古刀然とした体配。この時代の備前刀らしく匂口締まった直刃を焼き、詰んだ板目肌に掃掛けがかる小丸帽子。茎は生ぶで錆色も良く、大永二年の年号入りは注文打ちの証。古研ぎで多少シミもあるが研磨の必要はない。時代の拵は洒落た青貝散らし鞘で、腰元を笛巻風に塗った凝った造りはとても飾り映えする。また附属の白鞘には代々続く鑑定家、本阿弥光遜(1879年-1955年)の鞘書がある。

日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・拵 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・白鞘 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・刀身 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・茎 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・裏年紀 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・はばき元 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・刀身中央 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・切先 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・ハバキ元裏 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・切先 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・刀身全体 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・柄前 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・刀装具 日本刀・画像・備州長船祐定/大永二年八月日・小尻

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫