日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 末左 - Japanese Sword SUESA -

無銘(末左)

Wakizashi / Mumei Sue Sa

長さ
47.0cm
反り
1.1cm
目釘穴
2個
元幅
2.9cm
先幅
2.6cm
元重
0.6cm
時代
古刀 南北朝後期頃(約650年前)
筑前(福岡県)
刃文
湾れに互の目
地鉄
板目に杢目
帽子
掃掛けて返る
大磨上
はばき
金着一重
外装
上白鞘(佐藤寒山鞘書)
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

ご注文・ご質問はこちらから ≫

左は正宗十哲の一人と言われ、ときの戦国武将に好まれた。呼称は左文字で、その呼び名は左衛門三郎の略称であると云う。五ヶ伝中、最も難しいとされる相州伝を会得した左は、大和・山城伝が主流だった九州鍛冶に於いて突出した存在となる。本作の末左は南北朝中期から後期に掛けての数工を差し、寒山鞘書では個銘で「左弘行」と極める。典型的な左文字の作柄で、大切先の豪壮な太刀を磨上げた体配は脇差になっても力失わず、表に護摩箸樋、裏に腰樋を入れる。沸づいた湾れ刃文に所々互の目を焼き、刃中には金筋が溢れて相州上工に見えるほど刃中も明るい。板目に杢目の地鉄は地景目立ち、大帽子は焼き幅高く乱れ込んで掃掛ける。物打ち辺りから帽子に掛けて、徐々に焼き幅を高くしていくのは左文字の特徴であり見所。茎は大磨上で仕立ては良く、樋も掻き通している。現在は飴色になった上白鞘が付き、寒山鞘書が認められる。出来抜群で貴重な一振。保存刀剣鑑定書附。

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫