日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀  ¤ 刀 ¤ 石州貞綱 ¤ 上作

無銘 石州貞綱

Katana /  Mumei Sekishu Sadatsuna

長さ / cutting edge
68.7cm
反り / sori
1.4cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.05cm
先幅
2.55cm
元重
0.65cm
時代
古刀 南北朝期(約650年前)
period
nanbokucho (650 years ago)
石見(島根県)
country
iwami
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
杢目に板目
jigane
mokume ni itame
帽子
乱れ込み
boshi
midarekomi
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
売却済
price
sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

石州貞綱は直綱の子と云われる南北朝期の名工で、父と同じく相州伝を極めている。切銘に出羽貞綱などと銘する出羽(いずわ)とは島根県邑南町にあり、ここ奥石見一帯は古墳時代(6世紀後半)の今佐屋山製鉄遺跡が見つかるなど古来からたたら製鉄が盛ん。その出羽鋼は当時から高級銘柄として全国的にも名を馳せ、京都や鎌倉へも輸出していた。初代直綱はこの出羽鋼を求めてこの地に移住したと云われている。
本作、特徴的な黒みを帯びる地鉄が目を引く貞綱。元幅と先幅の差が狭く大切先の風情は、典型的な南北朝時代の体配。互の目乱れ刃文は貞綱の得意とする連なる焼きで、小沸良くついて中央には飛焼きも見える。板目に杢目が交じる地鉄はよく練れて柔らかみがあり、地景よく入って古刀然としている。樋の中に一部鍛え疵も見られるがそれほど目立たない。帽子は大きく乱れ込んで稲妻走り、複雑な動きで僅かに返る。茎は大磨上で棒樋が掻き流されている。特別保存刀剣鑑定書附。

石州貞綱 刀剣 日本刀の画像1 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像2 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像3 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像4 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像5 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像6 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像7 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像8 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像9 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像10 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像11 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像12 石州貞綱 刀剣 日本刀の画像13

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫