日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 武蔵守藤原盛道 (日本刀随感 所載品) - Morimichi -

銘/武蔵守藤原盛道

Katana / Musashi no kami fujiwara Morimichi

長さlength
70.6cm
反りsori
1.5cm
目釘穴mekugi
3個
元幅
3.25cm
先幅
2.45cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo
尾張(愛知県)
country
owari
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
白鞘(寒山鞘書)
mounting
shirasaya, kanzan sayagaki
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
所載
日本刀随感 新刀編 -片岡銀作著- 所載品
mounting
nihonto zuikan shintohen -kataoka ginji-/ appear
正価
売却済
price
sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

日本刀随感所載の盛道。初代は美濃で室屋関と呼ばれ、本作二代は尾張で鍛刀。元幅と先幅にあまり差がない慶長新刀のような体配で、太い棒樋を掻いて体配を引き締めている。刃文は濤乱刃を思わせる華やかな互の目乱れで、刃中は小足や葉が無数に働き、大きな飛焼きも交え大変賑やか。広い焼き幅のままに帽子へ入り、一枚風に焼き深く、横手を過ぎて直ぐに小丸に返っている。茎は一寸ほど磨上ているが出来の良さは盛道の中で抜きん出て、しかも研ぎ減りのない豪壮さ。所載も納得できる優刀。古い白鞘には寒山鞘書が書かれ、ハバキは金着に菊紋も刻まれている。古研ぎながら研ぎの必要はない。保存刀剣鑑定書附。日本刀随感 新刀編、358頁所載品。

※地鉄の「飛焼き」が黒く見えますが、肉眼ではこの部分も刃文同様に「白色」です。

※日本刀随感 新刀編 -片岡銀作著- 358頁所載

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫