日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 国正 (堀川) ¤ 

国正

Katana / (Horikawa) Kunimasa

長さlength
73.4cm
反りsori
1.6cm
目釘穴mekugi
2個
元幅
3.3cm
先幅
2.6cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛永頃(1624年)
period
early edo (1624)
山城(京都府)
country
yamashiro
刃文
湾れ互の目
hamon
notare gunome
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛けて返る
boshi
hakikake kaeru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
黒呂鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae&shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
売却済
price
sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

悠々とした長さに慶長新刀らしい豪壮な姿を見せる優刀。新刀の祖と言われる堀川国広を筆頭に栄えた堀川一門は、弟子や孫弟子に至るまで大成した名工ばかり。その中に於いて国正の作は極僅かながら、作風や銘振りなどが国広に酷似していることから国広の代作や代銘を行っていたと推測されている。
本作は現存する国正の中でも出色の出来映えで、そのうえ研ぎ減りのない健全さは驚くばかり。元幅と先幅の差が少ないこの時代特有の姿に重ねもたっぷりで時代を感じさせない。湾れ互の目刃文は沸よくつき、刃中には小足や葉など働き盛ん。帽子も焼き幅十分で掃掛けながら小丸に返っている。地鉄は堀川物の形容詞と言えるザングリとした肌そのもので独特。板目に大板目が交じってよく練れ、地沸厚く、地景が細かく入って底光りする。茎は生ぶで大筋違の鑢目も残り、尻すぼみの形状や国の字など慶長期の国広と良く似ている。 付属の拵は黒呂鞘にこげ茶色の柄巻。鉄地に梅樹を透かし上品に金覆輪を施した鐔。縁頭は真鍮地に立涌文様を掻き、金銀で桜の花を象嵌した安正在銘。赤銅地瓢箪図の目貫と好事家好みの誂え。特別保存刀剣鑑定書附。

刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像1 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像2 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像3 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像4 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像5 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像6 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像7 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像8 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像9 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像10 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像11 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像12 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像13 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像14 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像15 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像16 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像17 刀 堀川国正 刀剣・日本刀販売品 商品画像18

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫