日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤  一肥前国出羽守行広(初代) ¤ Ichi hizen koku dewa-no-kami Yukihiro ¤

一肥前国出羽守行広(初代)

Ichi hizen koku dewa-no-kami Yukihiro

長さ / cutting edge
70.3cm
反り / sori
1.5cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.1cm
先幅
2.2cm
元重
0.7cm
時代
新刀 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
小杢目
jigane
komokume
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金鍍金二重
habaki
gold plate double
外装
青貝散らし鞘銀金工打刀拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
sold

初代忠吉の孫にあたり、河内大掾正廣の弟。初代行広は寛文三年に出羽守を受領し、石堂一派から備前伝も学んだ上作刀工。自らを「肥前一文字」と称し、銘の上に「一」の字を切ることは有名で、その作柄も忠吉風のものから一文字のような丁子刃まで多彩。その上、肥前刀としては稀な「オランダ鉄」の鍛法を学び、茎に「阿蘭陀鍛」と添え銘した刀も含めて重要刀剣に十五振指定されている。行広は後代六代まで存在するが腕の差は歴然とし、清涼な地鉄は初代にかなわない。本作、定寸の初代行広。腰の開いた互の目乱れ刃文は小沸出来で、匂口明るく肥前刀らしいスッキリとした出来。地鉄は良く詰んだ小杢目肌で、平地に疵気もなく正しく健全。中切先の帽子は小丸に返り、総体的に研ぎ減りもない。茎は生ぶで深々としたタガネで銘を切り付け、もちろん「一」の字も忘れない。久しぶりに見る健全無垢な一振は、肥前上工の会心作。自信を持ってお奨めできる。青貝散らし鞘の打刀拵。縁頭、目貫は赤銅地鶏図の金具で合わせて、鍔は鉄地木瓜型。別途白鞘に納まる。特別保存刀剣鑑定書附。

日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像1 日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像2 日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像3 日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像4 日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像5 日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像6 日本刀 一肥前国出羽守行広(初代)画像7

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫