日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 丹波守吉道 ¤ 京初代 ¤ 上作 ¤ 良業物

丹波守吉道

wakizashi /
Tanba no kami Yoshimichi "Kyoto First”

長さlength
40.1cm
反りsori
0.7cm
目釘穴mekugi
2個
元幅
3.15cm
先幅
2.65cm
元重
0.6cm
時代
江戸初期 元和頃(1615年)
period
early edo (1615)
山城(京都府)
country
yamashiro
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
尖って返る
boshi
togatte kaeru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
800,000円
price
800,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

京都初代、丹波守吉道は美濃兼道の三男で、父と共に上京。帆船の帆を思わせるその特徴的な銘振りから「帆掛け丹波」と呼称され大成した。後年にはすだれ刃を案出し、二代目以降はそのすだれ刃も完成の域に達して吉道家の代名詞となった。兄は大阪へ移って同銘で活躍しており、混同しないよう京丹波と大阪丹波とに呼び分けている。
本作は元幅と先幅の差が小さく豪壮で、切先延びた慶長新刀の体配。小板目肌は練れて疵気もなく、互の目乱れ刃文は中央から焼き幅を上げ、すだれ刃も入って働き盛ん。小沸よくついて刃中も明るく、帽子は乱れ込んで尖り気味に返っている。茎は生ぶで大筋違いの鑢目もしっかりと残り、総体的に健全な優刀。洒落た金着ハバキも華を添える。上作・良業物。特別保存刀剣鑑定書附。

脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像1 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像2 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像3 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像4 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像5 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像6 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像7 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像8 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像9 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像10 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像11 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像12

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫