日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 丹波守吉道 以南蛮鉄作之 ¤ 良業物 ¤ 

表/丹波守吉道 裏/以南蛮鉄作之

Wakizashi
Tanba no kami Yoshimichi
Nanbantetsuwo motte korewo tsukuru

長さlength
56.8cm
反りsori
2.2cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.05cm
先幅
2.35cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
すだれ刃
hamon
sudare-ba
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着二重
habaki
silver foil double
外装
黒呂鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
700,000円
price
700,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

吉道らしい上手な簾刃(すだれば)を楽しめる一振。大阪初代 丹波守吉道は京初代 丹波守吉道の三男で、正保年間に分家し大阪へ移住。大阪丹波と呼ばれ、すだれ刃や菊水刃を極めて多くの刀工に影響を与えている。
本作は二代丹波守吉道で寛文頃に活躍し、初代よりも完成度が増したすだれ刃が魅力。一尺九寸近い長さは見応えがあり、身幅尋常で先幅広く、棒樋を掻いて反りが深い。小板目肌は僅かに顔を出す程度で、焼出しのあとは全面をすだれ刃が占める。帽子は僅かに掃掛けて小丸に返り、小鎬寄りに玉を焼く。茎は生ぶで勝手下がりの鑢目が残り、吉道としては珍しく南蛮鉄鍛えとし箔を付けている。
付属の拵はすべて龍図で仕立てる豪華な造り。縁頭は赤銅七々子地に高彫の龍で秀元在銘。鍔は鉄地木瓜形の龍高彫で清乗在銘。目貫は赤銅に金地の雲龍。小柄は赤銅磨地に三鈷剣と雲龍が描かれている。黒呂鞘に象牙色の柄糸は蛇腹巻きとし高級感を醸し出している。保存刀剣鑑定書附。

脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像 脇差 丹波守吉道 刀剣 日本刀の画像

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫