日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀  ¤  脇差  ¤  備州長船康光  ¤  Bishu osafune Yasumitsu  ¤

折返し銘/ 備州長船康光

Orikaeshi mei/ Bishu osafune Yasumitsu

長さ / cutting edge
41.2cm
反り / sori
1.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.6cm
先幅
2.0cm
元重
0.5cm
時代
古刀 室町初期 応永頃(1394年)
period
early muromachi (1394)
備前(岡山県)
country
bizen
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
板目に杢目
jigane
itame mokume
帽子
乱れ込み
boshi
midarekomi
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
梅花皮鮫鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold

この時代、備前を代表する名工と言えば盛光と康光が双璧をなし、応永備前という呼称もこれらの刀工を指す言葉。全国的に名工が少ない時代で、尚更に盛光・康光の巧さが際だった。また、初めて脇差が造られたのもこの頃からで、太刀は刀へと変化していく。本作、珍しい折返し銘で貴重な銘を残しながら、スラリとした応永備前の体配を保ち、表は二筋樋、裏には素剣を掻いて品が良い。広い焼き巾の互の目丁子は匂口締まり、淡い金筋等を交えた康光の典型的な作柄。地鉄は板目に杢目が交じり、帽子は乱れ込んで僅かに返る。差し込み研ぎが利いて、地刃の働きが手に取るようにわかる。 付属の拵は貴重な梅花皮鮫を用い、豪華な総赤銅金具で誂える。梅花皮(かいらぎ)鮫皮は当時から輸入に頼っていたこともあり、巷の刀よりも高価だったという。当然それに合わせる金具も素晴らしいものが多く、本作も豪華絢爛に仕上がっている。別途白鞘付き。研ぎ上がり。特別保存刀剣鑑定書附。

日本刀・康光1 日本刀・康光2 日本刀・康光3 日本刀・康光4 日本刀・康光5 日本刀・康光6 日本刀・康光7 日本刀・康光8 日本刀・康光9 日本刀・康光10 日本刀・康光14 日本刀・康光11 日本刀・康光12 日本刀・康光13

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫