日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 武蔵太郎安国 真十五枚甲伏作 ¤ 上作

表/武蔵太郎安国 裏/真十五枚甲伏作

Wakizashi 
Omote/ Musashi taro Yasukuni
Ura/ Shin 15 mai kobuse saku

長さlength
59.9cm
反りsori
1.8cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.2cm
先幅
2.25cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 元禄頃(1688年)
period
early edo (1688)
武蔵(東京都)
country
musashi
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
一枚風
boshi
ichimai
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
黒呂横目刻み鞘金工拵
mounting
koshirae
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

水戸光圀の佩刀造りで有名な安国。また享保六年には幕府の命により八代将軍徳川吉宗の御前で鍛刀し献上している。生国は武州下原で初めは広重と銘し、後に大村加卜に師事し安国と改め江戸麻布に住していた。
本作は脇差ながらほぼ60cmと長寸で、反り深く精悍な体配が目を引く。互の目乱れ刃文は箱形や尖り刃を交え、飛焼きが随所に見られとても華やか。板目肌は良く練れて、帽子は乱れ込むがほぼ一枚帽子のように焼きが深い。茎は生ぶで深く鏨を切り、裏には鍛錬手法を認める。古研ぎながら状態は良くこのままで十分楽しめる。
幕末期の拵は立鼓を取った柄前に、黒呂鞘は浅い横目刻みを施した鞘で纏める。黒柄巻は摘まみ巻きと片手巻きを組み合わせ、鮫皮を巻かず黒漆を施した凝ったもの。縁頭・鯉口・栗型・小尻は水牛の角を用いて一作とするが小尻に虫食い跡がある。鐔は鉄地透かし吹き寄せ図で、愛嬌のあるガマガエルの目貫が微笑ましい。 保存刀剣鑑定書附。

脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像1 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像2 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像3 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像4 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像5 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像6 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像7 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像8 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像9 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像10 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像11 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像12 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像13 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像14 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像15 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像1 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像16 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像17 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像18 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像19 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像20 脇差 武蔵太郎安国 刀剣 日本刀の画像21

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫