日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 無銘 相州綱広 ¤ 上作 ¤ 良業物

無銘 相州綱広

Wakizashi / Mumei Soshu Tsunahiro

長さlength
33.8cm
反りsori
0.9cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
2.8cm
先幅
2.4cm
元重
0.55cm
時代
古刀 室町後期 天文頃(1532年)
period
late muromachi (1532)
相模(神奈川県)
country
sagami
刃文
皆焼
hamon
hitatsura
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
尖って返る
boshi
togari kaeru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

綱広の出自は諸説あるが南北朝期の相州広正が源流と思われ、永正頃に四代目広正が戦国大名・北条氏綱の命により鎌倉から小田原に移住。その際に綱の一字を賜って綱広へと改名し、初代綱広になったと考えられる。
本作は相州物らしい皆焼刃が楽しめる小脇差で、見方によっては寸延び短刀とも考えられる。平造りの体配に三ッ棟で反り深く、表に草の剣巻龍、裏には八幡大菩薩の彫物。お家芸の相州彫りは見事で減りも少ない。華やかな皆焼は沸がたっぷりと付き、綱広らしく飛焼きも盛ん。板目肌に杢目が交じって地沸が入り、疵気のない健全な地刃が魅力。茎は生ぶで飾り穴と思しき穴を開けている。化粧研ぎによる刃取りで飛焼きと棟側は刃を拾っていないが、写真では黒く見える部分が焼きで肉眼では白く見えている。保存刀剣鑑定書附。

刀 相州綱広1 刀 相州綱広2 刀 相州綱広3 刀 相州綱広4 刀 相州綱広5 刀 相州綱広6 刀 相州綱広7 刀 相州綱広8 刀 相州綱広9 刀 相州綱広10 刀 相州綱広11

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫