日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀  ¤  刀  ¤  無銘(肥前忠吉 九代)  ¤  Mumei Hizen Tadayoshi 9dai  ¤

無銘( 肥前忠吉 九代 )

Katana/
Mumei Hizen Tadayoshi 9dai

長さ / cutting edge
67.6cm
反り / sori
2.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.7cm
先幅
2.0cm
元重
0.6cm
時代
江戸後期 慶応頃(1865年)
period
late edo (1865)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
直刃
hamon
sugu
地鉄
小糠(小杢目肌)
jigane
konuka
帽子
小丸
boshi
ko maru
はばき
金無垢一重(在銘)
habaki
pure gold single(signature)
外装
金梨地桜図鞘金工拵
mounting
koshirae
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

刀身と同時代の綺麗な拵は、華やかな金蒔絵に桜の花を高蒔絵で散らし、縁頭から小尻まで四分一地で桜の図。縁には銘が切られ水戸系の「紫雲斉正幸」、鍔は鉄地の碁石形に繊細な吉祥紋を彫り、金の覆輪が拵に合う。象牙色の柄糸は上品なな蛇腹巻きを施し、出し目貫には金無垢の獅子。そして驚きの金無垢一重ハバキは四君子(梅・竹・蘭・菊)が彫られ、「良次」在銘という凝りよう。拵全体が大事に保管された証に状態抜群で現存する。
刀身は詰んだ小杢目肌(小糠肌)が肥前のそれで、地景働き細かな杢目が潤う。掟通りの直刃は小沸均等に入り、忠吉極めは至極妥当。磨上ではなく当初より無銘で、鎌倉刀を思わせる細身の姿に反りをつけて上品な体配。九代忠吉は廃刀令間際の不遇な時代により鍛刀数は極僅かと言われるが、八代忠吉に迫る作柄で特に本作の地鉄は見物。肥前上工の小糠肌を味わえる。実質、肥前忠吉家はこの九代目で終焉となる。拵と共に、幕末の貴重な芸術品は一見の価値有り。研ぎ上がり、白鞘はなし。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・忠吉九代1 日本刀・忠吉九代2 日本刀・忠吉九代3 日本刀・忠吉九代4 日本刀・忠吉九代5 日本刀・忠吉九代6 日本刀・忠吉九代7 日本刀・忠吉九代8 日本刀・忠吉九代9 日本刀・忠吉九代10 日本刀・忠吉九代11 日本刀・忠吉九代12 日本刀・忠吉九代13 日本刀・忠吉九代14

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫