日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 肥前国住武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉) ¤ 最上作・最上大業物

肥前国住武蔵大掾藤原忠広

Katana /
Hizen koku ju Musashi daijo fujiwara Tadahiro
"First Tadayoshi"

長さlength
72.4cm
反りsori
1.5cm
目釘穴mekugi
2個
元幅
3.1cm
先幅
2.2cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛永頃(1624年)
period
early edo (1624)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
直小乱れ
hamon
sugu-komidare
地鉄
板目に小杢目
jigane
itame komokume
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
黒呂鞘薩摩拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
2,800,000円
price
2,800,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

最上作にして最上大業物の初代忠吉は新刀期を代表する名工で、武蔵大掾忠広は初代忠吉の晩年銘。慶長元年に鍋島藩の命を受け上京し、埋忠明寿より技術を学びその三年後に帰郷。佐賀城下で60人もの弟子に囲まれ藩工として活躍。初めは五字忠と言われる肥前国忠吉と切り、後に肥前国住人忠吉、寛永元年から武蔵大掾忠広と切る。新刀一番と言われる姿の良さと、その垢抜けた出来映えで肥前刀の名を世に知らしめた。

本作は二尺四寸近い長さに重ね厚く、身幅しっかりと残る健全な忠吉。得意の直刃は複雑に沸が連なる二重刃と砂流しが無数に働いて、葉や小足を交えて後代に見られる直刃とは明らかに違う。地鉄は詰んだ板目に小杢目が交じり、古い山城物を思わせる練れた肌目が円熟味を感じさせる。茎は区を極僅かに上げるが茎尻は生ぶで、自身銘を掟通り太刀側に切る。帽子は焼き幅深く小丸に返り、総体的に疵気もない。
付属の拵は貴重な幕末期の薩摩拵で、黒呂鞘には特徴的な返り角が付く典型的なもの。柄長は一般的ながら、刃片一文字と呼ばれる柄形状は通常とは逆に刃側を一直線にする示現流独自の仕立てで、鮫皮は着せず牛皮に黒漆を塗り、金具もすべて黒色。赤銅の目貫と縁頭は共に薩摩の龍図で、鐔は信家在銘の鉄地桐図。洗練された忠吉と無骨な薩摩拵の組み合わせは独特で興味深い。普段よく見る肥前刀とは一線を画す、初代忠吉晩年作の優品。特別保存刀剣鑑定書附。

刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像1 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像2 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像3 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像4 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像5 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像6 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像7 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像8 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像9 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像10 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像11 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像12 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像13 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像14 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像15 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像16 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像17 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像18 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像19 刀 初代肥前国忠吉 刀剣 日本刀の画像20

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫