日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 肥前国住藤原忠広(二代) ¤ 上々作 ¤ 大業物

肥前国住藤原忠広(二代)

Katana /
Hizen koku ju fujiwara Tadahiro 'second'

長さlength
69.7cm
反りsori
1.5cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
2.8cm
先幅
1.9cm
元重
0.6cm
時代
江戸初期 寛永16年頃(1639-)
period
early edo (1639-)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
直ぐ小乱れ
hamon
sugu komidare
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
尖って返る
boshi
togari kaeru
はばき
銅二重
habaki
copper double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
850,000円
price
850,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

佐賀鍋島藩のお抱え工として、肥前刀を世に知らしめた初代肥前忠吉。その名声を不動のものとした忠広は初代の子で、名を橋本平四郎、後に新左衛門。慶長十九年に生まれて十九歳から忠吉家二代目を相続し、肥前刀随一と云われる地鉄の良さで、若くから非凡な才能を見せつけている。
本作は覇気あふれる出来が多いと言われる寛永十六年頃の若打ち。二尺三寸の定寸で二寸ほど磨上られるも体配の崩れなく姿が良い。清涼な小板目肌には地景や地沸がみっしりと入って疵気もなく、得意の直刃は沸厚く、長い二重刃や小足が入って働き多い。帽子は焼き深く尖り気味に返っている。銘は近江大掾受領前で初代忠吉の晩年銘に似るが、廣の字の一画目で違いが分かる。古研ぎながら錆気はなくこのままで十分。上々作・大業物。特別保存刀剣鑑定書附。

刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像1 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像2 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像3 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像4 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像5 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像6 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像7 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像8 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像9 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像10 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像11 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像12 刀 肥前国住藤原忠広 刀剣 日本刀の画像13

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫