日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 藝州大山住仁宗重作 天正九年二月日 ¤

表/藝州大山住仁宗重作 裏/天正九年二月日

katana 
Omote / Geishu oyama ju jin Muneshige saku
Ura / Tensho 9 nen 2 gatsubi

長さlength
70.4cm
反りsori
1.3cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.25cm
先幅
2.3cm
元重
0.7cm
時代
古刀 室町後期 天正9年(1581年)
period
late muromachi(1581)
安芸(広島県)
country
aki
刃文
小丁子乱れ
hamon
kochoji midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
koamru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
金梨地鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
1,100,000円
price
1,100,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

安芸を代表する宗重は室町中期から三代続くが初代と二代は現存せず、三代宗重も現存数は僅か十数振という。祖は南北朝期に筑前から大山に来住した左文字系の定行で、安芸左と呼ばれている。備後や周防など、隣国は多くの刀鍛冶を輩出しているが古刀期の安芸に刀鍛冶はほとんどおらず、その稀少性から宗重は県の重要文化財に指定されている。
本作は芸州宗重の数少ない一振。二尺三寸を超えて身幅広く、重ねもしっかりと残って健体を残す。細やかに乱れた刃文は小丁子に互の目が混じって動きがあり、沸が厚くついている。練れた板目肌には湯走りが見られ、杢目や大板目も見られて古作な印象。帽子は一枚帽子のように焼き深く、小丸で返って棟焼きへと続いている。茎は生ぶでやや短寸に仕立て、裏には貴重な天正年紀が切られている。
華麗な金工拵は金梨地鞘にオシドリの金蒔絵を施し、花びらや川面に螺鈿を使うなど凝った造り。鐔は鉄地蔦葉透かし、縁頭は美濃の秋虫図、目貫は鷹の羽。卯の花色の柄巻が上品で絢爛な佇まいを見せている。保存刀剣鑑定書附。

刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像1 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像2 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像3 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像4 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像5 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像6 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像7 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像8 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像9 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像10 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像11 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像12 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像13 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像14 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像15 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像16 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像1 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像17 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像18 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像19 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像20 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像21 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像22 刀 藝州大山住仁宗重作 刀剣 日本刀の画像23

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫