日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 筑前国福岡住守次 ¤ 上作

筑前国福岡住守次

Katana / Chikuzen koku fukuoka ju Moritsugu

長さlength
72.1cm
反りsori
1.8cm
目釘穴mekugi
2個
元幅
3.25cm
先幅
2.35cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 延宝頃(1673年)
period
early edo (1673)
筑前(福岡県)
country
chikuzen
刃文
直刃
hamon
sugu
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
銀着二重
habaki
silver foil double
外装
武蔵拵・白鞘
mounting
musashi koshirae&shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

筑前信国と双璧をなす福岡石堂派。当時としては珍しい備前一文字の作風を復古させ、紀州石堂や江戸石堂など各地で栄えた名門。福岡石堂の祖、是次が江戸へ出て石堂是一に師事。守次は従兄の是次にこの備前伝を学び、共に福岡藩黒田家に仕えている。
本作は十分な長さに身幅のあるガッシリとした体配が魅力的で、それに付随する武蔵の拵を忠実に再現した拵も素晴らしい。小沸のたっぷりと付いた直刃は小足や鼠足が無数に働き、帽子は焼き幅があり掃掛けて返る。地沸が乗った小板目肌は良く詰み、きらびやかで鍛えが良い。茎は僅かに磨上げるが茎尻は生ぶで、鏨枕立った銘ぶりは彫りが深い。
宮本武蔵が愛用した武蔵拵と一目でわかる特徴的な拵は、腰元の刻み部分を境に朱色を濃淡に塗り分ける。柄は皮を片手巻きにし端を僅かに重ねて段差を付け、仕上げに朱漆を叩き塗りで固める。武蔵が考案したという鉄地海鼠鐔には十字と井形の象眼を入れ、頭は象の鼻繰形合で縁は無地。目貫は赤銅鯰図で、大きな鍬形小尻は鉄製で全体の雰囲気を壊していない。刀身・拵ともにお薦めできる優品。特別保存刀剣鑑定書附。

筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像1 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像2 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像3 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像4 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像5 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像6 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像7 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像8 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像9 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像10 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像11 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像12 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像13 筑前国福岡住守次 刀剣 日本刀の画像14 筑前国福岡住守次 刀剣 武蔵拵の画像15 筑前国福岡住守次 刀剣 武蔵拵の画像16 筑前国福岡住守次 刀剣 武蔵拵の画像17 筑前国福岡住守次 刀剣 武蔵拵の画像18 筑前国福岡住守次 刀剣 武蔵拵の画像19 筑前国福岡住守次 刀剣 武蔵拵の画像20

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫