日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 寸延短刀 ¤ 正重作 ¤ 千子 ¤ 上々作 ¤ 所載品

正重作

Sunnobi-Tanto / Masashige saku

長さlength
30.9cm
反りsori
0.3cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.0cm
先幅
2.5cm
元重
0.6cm
時代
古刀 室町後期 天文頃(1532年)
period
late muromachi (1532)
伊勢(三重県)
country
ise
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金銀二重
habaki
gold&silver foil double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
所載
※日本刀随感 ※三重県刀工金工銘鑑
recorded in
'nihonto zuikan' & 'mie ken toko kinko meikan'
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

村正と見紛う、典型的な出来映えを見せる豪壮な寸延び短刀。徳川家に忌み嫌われて妖刀とまで言われた村正は伊勢千子派の祖で、その子または高弟が正重。師に迫る、または凌駕する作品も見受けられ、村正の後は千子派の首座として活躍し、江戸期には千子正重と銘を切るようになる。 本作は二代正重で、初代と同様に村正に師事している。平造りの体配で身幅があり、典型的な腰開きの互の目乱れ刃文は高低差のあり、刃中には金筋や太い沸筋が働いて動きがある。村正の場合は駆け出す手癖があるも本作はしっかりと踏ん張って刃先へ駆け出さず、沸厚く健全に焼かれる。地鉄は練れた板目肌が味わい深く、地景も密に入って古刀らしい鍛え。帽子は小丸で深く返っている。一目で千子派とわかるタナゴ腹の茎は生ぶで、総体的に出来良く欠点のない優刀。特別保存刀剣鑑定書附。
本作は、日本刀随感古刀編(片岡銀作著)と三重県刀工金工銘鑑(田畑徳鴦著)の二冊に所載されている。※書籍は付随しません。

短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像1 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像2 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像3 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像4 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像5 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像6 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像7 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像8 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像9 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像10 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像11 短刀 正重作 刀剣・日本刀販売品 商品画像12
日本刀随感 ※書籍は商品に含まれません These books are not included.
短刀 正重作 刀剣・日本刀随感 ※書籍は商品に含まれません
三重県刀工金工銘鑑 ※書籍は商品に含まれません These books are not included.
短刀 正重作 刀剣・三重県刀工金工銘鑑 ※書籍は商品に含まれません

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫