日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 表/田子駿河守正弘於平安城造之 裏/慶応二年二月日

表/田子駿河守正弘於平安城造之 裏/慶応二年二月日

Katana /
Omote / Tago suruga no kami Masahiro Heianjo ni oite korewotsukuru
Ura / Keio 2 nen 2 gatsubi

長さlength
77.6cm
反りsori
1.4cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.6cm
先幅
2.8cm
元重
0.8cm
時代
江戸後期 慶応2年(1866年)
period
late edo (1866)
岩代(福島県)
country
iwashiro
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
板目に杢目
jigane
itame and mokume
帽子
乱れ込み
boshi
midarekomi
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
黒呂鞘打刀拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

駿河守正弘は奥州二本松藩のお抱え刀工で、江戸後期の万延から慶応に掛けて活躍。水心子正秀の一門で、師より直心子の号を得て直心子正弘とも名乗っている。
本作は銘振りが示す通り京都打ちの豪壮な一振で、鋭い大切先は9cm以上。身幅は3.6cmもありながら先幅と落差が小さく、その迫力ある姿は通常の刀と比べて異質な存在感を放っている。出来の良い互の目丁子刃文は足良く入り、刃縁には無数の砂流しを交えて働きが多い。地景盛んな板目肌に杢目が絡み、地刃ともに見所たっぷり。帽子は乱れ込んで稲妻走り、尖り気味に返っている。長寸で身幅もあるため棒樋を掻きながらもズシリとした重量感は、幕末の藩士に好まれそう。
付属の拵は黒呂鞘に9分程の長寸柄で質素に決めた、刀身と同時代の打刀拵。黒柄巻に鉄地木瓜形鐔、素銅地鶴図縁頭、赤銅地鶴図目貫で仕立てている。特別保存刀剣鑑定書附

脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像1 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像2 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像3 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像4 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像5 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像6 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像7 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像8 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像9 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像10 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像11 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像12 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像13 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像14 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像15
↓ 下が2尺3寸の一般的な刀。身幅の比較に。 ↓
脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像16 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像17 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像1 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像18 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像19 脇差 田子駿河守正弘 刀剣 日本刀の画像20

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫