日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 武蔵守国次 ¤ 業物 ¤ 河内守国助の子

武蔵守国次

Katana / Musashi no kami Kunitsugu

長さlength
69.5cm
反りsori
1.6cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.1cm
先幅
2.1cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 延宝頃(1673年)
period
early edo (1673)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
丁子乱れ
hamon
choji-midare
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
黒呂鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

国次は初代河内守国助の子で、中河内と呼ばれる二代河内守国助や肥後守国康は兄弟。初代国助は山城の堀川国広門下で学び、後に大阪へ出て大阪新刀の礎となる。国次は他兄弟に比べて作刀数が少なく、父国助の代打ちを務めていたと云われる。また国助との合作もある。
本作、拳形丁子を交える乱れ刃文は兄の中河内を見るような華やかさ。大阪焼出しから始まり、刃中には金筋や葉、長足が働いて見応えがある。詰んだ小板目肌は清涼で地沸がたっぷりとつき、帽子は焼き深く小丸に返っている。茎は生ぶで鑢目もしっかりと残り、強い鏨で銘を切る。出来の良い典型的な大阪新刀を楽しめる。
付属の拵は黒呂鞘にやや傷みがあるも柄前は新調し、黒緑色の柄巻が渋い。鐔は赤銅地に九曜紋を透かし、縁頭と目貫は猩々(しょうじょう)の図。猩々とは大酒飲みの想像上の動物で、いわゆる妖怪。本作も大好きなお酒と大きな盃を持ってユーモラス。特別保存刀剣鑑定書附。

刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像1 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像2 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像3 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像4 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像5 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像6 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像7 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像8 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像9 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像10 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像11 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像12 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像13 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像14 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像15 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像16 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像17 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像18 刀 武蔵守国次 刀剣 日本刀の画像19

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫