日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 短刀 ¤ 備中国水田住国重 ¤ 

備中国水田住国重

Tanto 
Bicchu koku mizuta ju Kunishige

長さlength
28.4cm
反りsori
0.2cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
2.85cm
先幅
2.25cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛永頃(1624年)
period
early edo (1624)
備中(岡山県)
country
bicchu
刃文
直ぐ調小乱れ
hamon
sugu cho ko-midare
地鉄
板目
hamon
itame
帽子
小丸
boshi
ko-maru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
棕櫚の毛鞘金工拵
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
480,000円
price
480,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

水田鍛冶とは水田、荏原、砦部などの地で活動した刀工の総称で、大月派の国重系、河野派の為家系が主。室町後期から始まり、江戸初期の大与五国重など名工を輩出して全国に名を馳せ、近代に至るまで十七代続いている。先祖は青江鍛冶と云われるが作柄は相州伝が強く、沸の強い華やかな出来が多い。
本作は肌目が顕著に表れた特徴ある一振。九寸を超える長寸の平造りで棟は三ッ棟。刃文は直ぐ調の小乱れで、僅かに湾れが交じって小足が入る。地鉄ははっきりと現した板目肌が目を引き、相州伝の名工、越中則重を狙ったことは明らか。生ぶ茎は国重に共通した極端な刃上がりの栗尻で、特徴的な銘振りは大与五国重によく似ている。松皮肌風の鍛えやその刃文から一時代古く見え、国重の力量がよくわかる。
上等な刀装具を用いた金工拵は、シュロの毛鞘に薄茶柄巻きで上品な仕立て。古い鮫皮は経年の傷みもあるが、通常と比べてかなり大粒の親鮫を用いている。鍔は赤銅磨地能装束図、縁頭は檀渓渡河図で銘は堀川高鶴、小柄は赤銅七々子地能装束図。保存刀剣鑑定書附。

短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像1 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像2 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像3 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像4 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像5 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像6 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像7 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像8 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像9 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像10 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像1 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像11 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像12 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像13 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像14 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像15 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像16 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像17 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像18 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像19 短刀 備中国水田住国重 刀剣 日本刀の画像20

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫