日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 越前大掾源国定

越前大掾源国定

Wakizashi 
Echizen daijo minamoto Kunisada

長さlength
38.6cm
反りsori
0.8cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.1cm
先幅
2.45cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
備中(岡山県)
country
bicchu
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銅一重
habaki
copper single
外装
黒呂鞘金工拵
mounting
koshirae
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

備中水田は古青江為次の末流が阿賀郡水田を中心として再興した一大流派。大月派の水田国重は十七代を数え、国重同銘の鍛冶は六十刀工を超えるほどに繁栄している。江戸初期に全盛を極めて各地に分流し、江戸水田や大阪水田と呼ばれ本国以外でも活躍している。
越前大掾国定はこの水田国重の子で名は大月左次兵衛。作柄も国重らと変わらず水田派の特色通り。
本作は反り格好よく身幅のある小脇差。焼出しで始まる互の目乱れ刃文は高低差があり、飛焼きを交えて大変華やか。地鉄は小板目肌が良く詰み、帽子は沸づいて小丸に返っている。茎は生ぶで大筋違いの鑢目がしっかりと残り錆色も良好。小沸荒沸で形成される独特な刃文は、備中水田派の本領を見せつけている。
付属の拵はやや痛みがみられるものの、黒呂鞘に黒柄巻で渋くまとめ、鉄地南蛮波龍透かし鍔に、赤銅七々子地四つ目菱紋縁頭と金地四つ目菱目貫は揃いもの。鞘は長めに造られて拵全長は約75cmあり、小柄笄はない。保存刀剣鑑定書附。

脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像1 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像2 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像3 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像4 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像5 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像6 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像7 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像8 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像9 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像10 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像11 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像12 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像13 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像14 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像15 脇差 越前大掾源国定 刀剣 日本刀の画像16

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫