日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 刀 ¤ 備中守藤原清宣 於美濃関以南蛮鉄作之 ¤

表/備中守藤原清宣 裏/於美濃関以南蛮鉄作之

Katana 
Omote/ bicchu no kami fujiwara Kiyonobu
Ura/ Mino seki ni oite Nanbantetsu wo motte korewo tsukuru

長さlength
70.0cm
反りsori
1.1cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
3.35cm
先幅
2.35cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
小互の目乱れ
hamon
kogunome midare
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀無垢一重 下がり藤象嵌
habaki
silver foil single "inlay of sagarifuji"
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] toubetsu hozon token
正価
900,000円
price
900,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

ズシリとくる豪壮な造り込みが魅力の清宣。美濃関鍛冶は七つの流派をまとめて団結をはかる鍛冶座を結成するなど、他国鍛冶にはない取り組みで切磋琢磨。その後に始まる戦国期には旺盛な需要に応じ備前刀に次ぐ作刀数をみせ、兼定や兼元など多くの名工を輩出した。
備中守清宣は近江守清宣の子で、正保二年に備中大掾、同三年頃に備中守を受領。関七流の一つ徳永派に属し、関の鍛冶頭を親子に渡って務めるなど、その実力は折り紙付き。
本作は元幅広く豪壮で、寛文新刀らしい体配。刃文は直ぐ調の小互の目乱れで所々に丁子足も交え、高低差を抑えながらも焼き巾広く堅実な仕立て。地鉄は詰んだ小板目肌が清涼で、帽子は小丸に返っている。茎は生ぶで筋違いの鑢目が深く掻かれ、当時は高価で、また鍛刀が難しいと言われる南蛮鉄鍛えを示して箔を付けている。特別保存刀剣鑑定書附。

刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像1 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像2 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像3 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像4 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像5 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像6 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像7 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像8 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像9 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像10 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像11 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像12 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像13 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像14 刀 備中守藤原清宣 刀剣 日本刀の画像15

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫