日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 短刀 ¤ 兼貞 ¤ 上作

兼貞

Tanto 
Kanesada

長さlength
22.4cm
反りsori
0.0cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
2.7cm
先幅
2.3cm
元重
0.5cm
時代
古刀 室町後期 永正頃(1504年)
period
late muromachi (1504)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
直刃に腰刃
hamon
suguha ni koshiba
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
大丸
boshi
ohmaru
はばき
金鍍金二重
habaki
gold plated double
外装
茶石目地鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

兼貞は同時代の兼元、兼定に次ぐ良工と云われ、蜂屋派を代表する上作刀工。美濃関の東方にある蜂屋町に移住した山城の達磨正光が初祖で、兼貞は文明頃から天正に掛けて活躍した。
本作は落ち着いた山城伝が楽しめる平造り短刀。生ぶの彫物は表に草の倶利伽羅龍、裏には不動明王を表す梵字を彫って覇気がある。二寸ほど互の目の腰刃を焼いた直刃仕立てで帽子は大丸。板目肌には柾目が交じって古刀らしい練れた地鉄が味わい深い。茎は生ぶで錆色も良く、檜垣鑢目がしっかりと残っている。
付属の拵は時代感があり、茶石目地鞘に鉄紺色の柄前も当時のまま。鞘の鯉口、栗型、鍬形は銀地で揃え、鐔は鉄地ツバメ朝顔図、縁頭は赤銅七々子地鈴虫図、目貫は赤銅地宝珠図、小柄は鉄地木瓜文様図。
保存刀剣鑑定書附。

短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像1 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像2 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像3 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像4 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像5 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像6 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像7 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像8 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像9 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像10 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像11 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像1 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像12 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像13 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像14 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像15 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像16 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像17 短刀 兼貞 刀剣 日本刀の画像18

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫