日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 無銘 寿命 ¤ 金工拵

無銘(寿命)

Wakizashi / Mumei Jumyo

長さlength
41.4cm
反りsori
0.9cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
2.55cm
先幅
2.0cm
元重
0.6cm
時代
古刀 室町後期頃(約450年前)
period
late muromachi (450years ago)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
板目に杢目
jigane
itame ni mokume
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂鞘金工拵
mounting
koshirae
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
340,000円
price
340,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

丁寧に造り込まれた瀟洒な金工拵。細身の鞘形にギュッと立鼓を取った柄前が上品で、洒落た金具がより一層引き立つ。黒呂鞘は腰元だけ一分刻みとし、細かい編み込みの柄糸は落ち着いた色合いの金茶色。赤銅磨地の鐔は風になびく秋草に鈴虫が加賀象嵌で描かれ、縁に向かってやや盛り上がる柔らかい形状。赤銅七々子地縁頭の一風変わった図柄は祇園祭りを表した情景で、八坂神社の大きな柱を磨く氏子とわら縄で編んだ亀は本殿の象徴。大きく目立つ目貫は仁王像で、阿吽の口元がわかるほど精巧。金地や素銅などを巧みに使っての立体感ある仕事は見事という他ない。小柄は赤銅七々子地に月夜の浜辺を、満月はスヤリ雲から金色の姿を見せ、月に照らされた波は銀色に輝いている。江戸後期頃の作で鞘に擦れ傷があるも総体的に状態良好で大変飾り映えする。
刀身は美濃の寿命に極められた脇差で時代は室町後期頃。互の目丁子刃文で沸厚く付き、随所に小足が働く。地鉄は板目肌に杢目が交じってやや肌立ち、乱れ込んだ帽子は掃掛けている。金着一重の水戸ハバキに金着切羽を奢って手抜きはなし。保存刀剣鑑定書附。

脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像1 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像2 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像3 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像4 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像5 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像6 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像7 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像8 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像9 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像10 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像11 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像12 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像13 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像14 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像15 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像16 脇差 寿命 刀剣 日本刀の画像17

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫