日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 脇差 ¤ 無銘 法華一乗 ¤ 上作

無銘 法華一乗

Wakizashi 
Mumei Hokke Ichijo

長さlength
48.5cm
反りsori
1.2cm
目釘穴mekugi
2個
元幅
2.9cm
先幅
2.1cm
元重
0.75cm
時代
古刀 室町初期 応永頃(1394年)
period
early muromachi (1394)
備後(広島県)
country
bingo
刃文
直ぐ調に小互の目
hamon
sugu ko-gunome
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
大丸
boshi
omaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil double
外装
卵殻鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

備後法華派は元来地名である葦田(芦田)鍛冶と呼ばれ、鎌倉末期に備前から移住した一文字末流の国分寺助国が祖として栄えた。のちに草戸(現福山市草戸町)へ移住した法華一乗が名声を得て、いつからか法華派と呼ばれるようになった。南北朝期から室町期まで続き、一乗・兼行・兼安・行吉・重家らが有名。
法華一乗銘では応永年紀の刀が現存するが、それより時代の上がる作も見受けられる。また鑑定に於いては多くが法華とだけ記載されるが、本作は珍しく一乗の個銘まで極めている。

本作は六百年という歳月を感じさせない健全さに驚く。素直な反り格好に太い棒樋と添樋を掻いて体配を引き締め、重ねは75mmもある。地鉄は清涼そのもので、締まった小板目肌には地景と地沸が良く付いてきらきらと輝いて見える。直ぐ調の刃文には小互の目が交じり、喰違いや沸筋が繊細に働く。帽子は沸厚くやや乱れ込んで入り返りは浅い。茎は大磨上で樋は掻き通され、錆色は良好な状態を保っている。大きな欠点もなく、玄人受けする地鉄は一度ご覧頂きたい。
付属の拵は卵殻鞘に茶色蛇腹巻きで華やかな仕立て。鐔は赤銅地碁石形に流水図、縁頭は四分一地牡丹図、目貫は赤銅地獅子図。小柄は縁起物の鯉図。 特別保存刀剣鑑定書附。

脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像1 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像2 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像3 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像4 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像5 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像6 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像7 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像8 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像9 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像10 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像11 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像12 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像13 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像14 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像15 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像1 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像16 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像17 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像18 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像19 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像20 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像21 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像22 脇差 法華一乗 刀剣 日本刀の画像23

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫