日本刀販売・刀剣専門店【十拳-TOKKA-】

Japanese Antique SAMURAI Sword and Fittings

日本刀 ¤ 小烏丸写し ¤ 表/月山貞勝謹作(花押)皇紀二千六百二年春

佩表/月山貞勝謹作(花押)皇紀二千六百二年春  佩裏/日本砂鉄鋼業株式会社 以精錬鋼

Kogarasumaru utsushi /
Omote / Gassan Sadakatsu kinsaku(kao) Koki2602nen haru
Ura / Nihon satetsu kougyo Kabushikigaisha seirengo wo motte

長さlength
68.2cm
反りsori
2.1cm
目釘穴mekugi
1個
元幅
2.75cm
先幅
1.9cm
元重
0.7cm
時代
昭和17年春
period
1942
大阪
country
osaka
刃文
小互の目丁子
hamon
kogunome choji
地鉄
柾目
jigane
masame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
牡丹祐乗銀着一重
habaki
silver foil single (botan yujho)
外装
古白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
1,500,000円(商談中)
price
1,500,000-JPY (Hold)

ご注文・ご質問はこちらから ≫

月山貞勝は大正から昭和に掛けて活躍した名工で、父は帝室技芸員の月山貞一。天皇陛下の大元帥刀や多くの御下賜刀、伊勢神宮や明治神宮の御神刀などを手掛けている。月山の祖は鎌倉時代まで遡り、奥州霊山の一つ月山の麓で鍛刀を始め、室町時代後期まで続いたがその後衰退。江戸後期に月山貞吉が大阪へ出て再興し大阪月山として礎を築き、現在は六代目へと続いている。
本作、平安時代の御物「小烏丸(こがらすまる)」写し。切先七寸を両刃造りの形状として、その特異な造り込みを見事に鍛える。品良く反った体配に、手持ちまで古刀のような軽さを再現している。互の目丁子刃文は砂流し激しく働き、全体に相州伝を狙ったもの。地鉄は柾目肌が緩やかに流れて地景と地沸がみっしりとついている。切先から棟側七寸は形状こそ両刃造りに見せているが、実際に刃は付いていないのでお手入れも問題ない。裏銘の日本砂鉄鋼業とは昭和十二年に創業し、この時代、慢性的な鉄不足ながら良質な玉鋼を精錬していた。宮内省や宮家など、多くの受注をこの玉鋼を使い品質の安定を図っていたと思われる。
数ある月山の中でも稀少な造り込みで、是非現物をご覧頂きたい。保存刀剣鑑定書附。
「御物 小烏丸」とは桓武天皇の時代、大神宮(伊勢神宮)より遣わされた八尺ほどの大カラスの羽から出てきたとの伝承に由来する。

小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像1 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像2 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像3 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像4 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像5 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像6 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像7 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像8 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像9 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像10 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像11 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像12 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像13 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像14 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像15 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像16 小烏丸写し 月山貞勝 刀剣 日本刀の画像17

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫