日本刀|十拳|HOME »刀装具・刀装金工一覧 »/鉄地獅子牡丹図 »ご注文方法 »店舗案内・地図

刀装具【鐔・縁頭・目貫・小柄】 鉄地獅子牡丹図 無銘『正阿弥』保存鑑定書附 - Tetsu ji Shishi Botan -

【鉄地 牡丹の下の獅子】日本刀専門店【十拳-TOKKA-】刀装小道具・刀装金工・鐔・縁頭・目貫・小柄

縦/height 7.6cm 横/width 7.3cm 厚み/thickness 0.4cm 重量/weight 120g 正価/price 売却済-sold-
 鑑定/certificate 日本美術刀剣保存協会 保存刀装具鑑定書

牡丹の下、まん丸に目を見開いてこちらを見つめる獅子の姿。獅子の鼻面は今にも飛びかかってきそうなほど立体感のある高彫で、逆に尻尾は鋤下げ毛彫りで表している。ごつごつとした岩肌は鋤残し金布目象嵌を施す。牡丹の花はしっかりとした鏨で彫り込まれ手前の花片には岩肌と同じく金布目象嵌が施されている。裏を見ると水仙と思われる花が一輪咲いており、ここもまた花と岩肌を鋤残し、葉の部分はしっかりと鏨で彫り込んでいる。耳の部分も岩肌がきっちりと彫り込まれており、丁寧な仕事ぶりが伺える逸品となっている。正面を向いた獅子の面白さだけではない金工の技術も楽しめる一枚である。

鍔・刀装具 一覧ページに戻る