日本刀|十拳|HOME »刀装具・刀装金工一覧  »目貫/ 赤銅地龍図  »ご注文方法 »店舗案内・地図

刀装具【目貫】   赤銅地龍図 - Shakudo ji Ryu zu -

【赤銅地龍図目貫】日本刀専門店【十拳-TOKKA-】刀装小道具・刀装金工・鐔・縁頭・目貫・小柄

縦/height 1.8cm 横/width 7.3cm 厚み/thickness 0.7cm 正価/price 売却済-Sold-

赤銅地の龍である。横幅が7.3cmと非常に大振りで迫力ある目貫。山間から雲が湧き立ち空が黒くなり、突然の雷と豪雨にあったことはないだろうか。暗くなった空に稲妻が光る様子はまるで、山間から目を覚ました龍の仕業に見えないだろうか。 八百万の神と共にある我々は、目に見えぬ力に姿を与え名前を付ける。人々の心に応じて幾様にもその姿は変化していく。
仏教の伝来と共に日本にやってきた龍は、「今この世界あらゆるところで、おのおの龍王ありてこれを守る。」と大方等大集経第四十三・日蔵分送使品第九にあるように、雨を降らせ大地を潤す水と豊穣の守護者。そして、刀剣と結びつけられた龍は、不動明王の三昧耶形、つまり不動明王の化身として用いられることが多い。正しい智恵を以て人々の迷いや邪悪な心を断ち切る。不動信仰事典には「不動明王の智火、大剣変じて倶利伽羅龍王となる。」と倶利伽羅龍王経に記されているとある。倶利伽はサンスクリットのkulikaからきたと考えられており、八大龍王のひとつで暗褐色の体を持つとし密教の仏典では黒い龍とされている。本作の黒々とした赤銅で仕立てられた龍は正に倶利伽羅龍王のごとく見えないだろうか。

≪ 刀装具 商品一覧のページに戻る ご注文・ご質問はこちらから ≫