日本刀|十拳|HOME  »刀装具・刀装金工一覧  »縁頭/ 赤銅七々子地應龍図縁頭  »ご注文方法 »店舗案内・地図

刀装具【鐔・縁頭・目貫・小柄】  赤銅七々子地応龍図 - Shakudo nanako ji OuRyu zu -

【赤銅七々子地飛龍図縁頭】日本刀専門店【十拳-TOKKA-】刀装小道具・刀装金工・鐔・縁頭・目貫・小柄

縁縦/Fuchi.height 3.78cm 縁横/Fuchi.width 2.25cm 縁厚み/thickness 1.3cm
頭縦/Kashira.height 3.3cm 頭横/Kashira.width 1.7cm 正価/price 売却済-sold-

赤銅七々子地に高彫金色絵で逆巻く波と飛龍の姿が描かれている。翼を持つことから、龍の中でも最高位とされている飛龍は 「恭丘山という世界の果てにある霊山に応龍は有る。応龍とは翼を持つ龍なり」と三才図会そして山海経に記録がある。三才図会、山海経の応龍はしっかりと四肢尾が描かれているが、和漢三才図会の応龍は本作の応龍と同じく四肢尾がみられず、頭部が龍で、翼が主となっている。本作は和漢三才図会を元にしているのであろう。高彫りされた波は荒々しく、細かく彫り込まれた線彫りが波のうねりを上手に表現している。縁は頭よりも金が厚く残り、頭は手擦れのため多少磨り剥がれているが、しっかりとした彫りのおかげで、その陰影が意匠に奥深さを与えている。龍の最高位、應龍の縁頭。お勧めの一品である。

≪ 刀装具 商品一覧のページに戻る ご注文・ご質問はこちらから ≫